子どもは1人で抱え込みがち!不登校児童の親はSOS信号に気をつけて

不登校の原因
感謝のメッセージが多いです!メルマガの登録はこちら
感謝のメッセージが多いです!メルマガの登録はこちら

【メルマガ読者250人突破しました】

不登校の子どもを持っている親御さんに役立つ情報を発信していきます。


まず子供が不登校になる原因の多くは、学校のテストの点数が悪かったり、他のことの遊び、団体で行う運動会の練習で自分だけ着いていけてないという孤独感から起きたりすることが多いのです。

どうして共働きのお父さんお母さんだとその日あったちょっとしたことがなかなか話せずにて子供は一人で抱え込みがちなります。

学校が終わった直後はいいのですが朝起きたときになんとなく行きたくないとか始まってしまうことが多いのです。

子供が学校に行きたくないという気持ちになってから対応するので少し遅く飼ったりしてしまうのです。

そうなる前に今日は学校でどうだった何か頑張れたことはあると両親から訪ねてあげるといいと思います。

子供は何気ない仕草、行動に学校でのあった嫌なことが態度出てたりします。

それは子供が親、大人に送っているSOS信号なのです。

学校が終わって帰宅して何も言ってこないから大丈夫なんだではなくまず今日は学校楽しかった、どうだったと一言聞いてあげるといいと思います。

そこから分かることが結構あるのです。子供同士の意見のぶつかり合いから虐めに繋がったり、自分の子が他の子を虐めてないかとか知るにはまずは家族の会話から知ることができるのです。

もしお子さんが不登校になっても怒って無理やり学校へ行かせるのではなく心の中にある悩みをそれとなく聞いてみてあげるのがいいと思います。

それでもダメだったりして解決策が見えない場合は、区役所の窓口を通してケースワーカーさんに相談してみるといいと思います。

ケースワーカーを通して地域指導員の方がご家庭まで相談に来てくれるので一度、学校でどんなことがあったかお子さんに聞いてみるといいと思います。

子供の不登校原因は、学校の虐めが多いと思われがちですが、それだけとは限らないのです親の愛情不足が原因で学校に行きたくない勉強したくないというが出てきてしまうこともあるのです。

仕事で忙しい両親もいらっしゃると思いますが家族団欒で一度、外食に行ったりするのもいいと思います。

楽しいことが定期的にあれば頑張ろうって気になってくれるのが子供だったりします。

不登校な子供を抱えて落ち込むのではなくまずは笑顔で振舞って楽しい会話をするように心がけてみてください。

必ずいい方向行くと私は思っています。

コメント