自分の子どもだけが特別ではありません。不登校経験はプラスに活きてきます

子どもへの対応
感謝のメッセージが多いです!メルマガの登録はこちら
感謝のメッセージが多いです!メルマガの登録はこちら

【メルマガ読者250人突破しました】

不登校の子どもを持っている親御さんに役立つ情報を発信していきます。


親の対応としてはまず無理矢理に学校に行かせようとしないことです。

子どもの意見や人格を尊重するべきです。

不登校の要因としてはさまざまなものが考えられますが、ほとんどは環境への対応が難しくなった場合ではないかと思います。

不登校の子どもはたくさんいます。

自分の子どもだけが特別だと思わずに責めないでください。

相談窓口になっている行政機関を積極的に活用すべきです。

そこを通じて不登校の子どもを抱える保護者との交流や学校との連携を密にすることが可能になります。

同じ問題を背負っている人々との交流は心を軽くしてくれるはずです。

対人関係が苦手という方は、行政に相談するだけでも少しは楽になるはずです。

不登校の子どもに対しては焦らずに根気よく接することです。行きたくなるまで待つくらいの心構えでいいと思います。

その過程で親子のコミュニケーションをしっかりと取ればいいと考えます。

勉強は学校だけでしかできないものでもないですし、社会生活への知識についても同様です。

子どもは強制されることを嫌います。

思春期であれば尚更です。

ただ、不登校になった原因が学校でのいじめにあった場合は転校も視野に入れる必要があるかもしれません。

子どもが不快に感じることはさせるべきではありません。

個性を尊重して長所を伸ばしてあげるべきです。

不登校になることは決して悪いことではありません。

子どもが自らの意思をしっかり持っている証でもあります。

今後の人生で不登校の経験が必ずプラスになることがあるはずです。

自分の子どもを信じてあげてください。

私は小学校のときに不登校を経験しています。

学校で学ぶことは何もなく、行くだけ無駄だと思ったことが原因でした。

今は教育に携わる仕事をしており、不登校の子どもと関わることも多いです。

自身の経験は間違いなく活きています。

不登校は確かに悩ましいことかもしれませんが、どうせなら前向きに受け止めた方がいいと思います。

親子ともに焦らなければ必ず道は開けます。

コメント