不登校の子供に何もしないと状況は変わらない!これからどうするかを一緒に考える

子どもへの対応
感謝のメッセージが多いです!メルマガの登録はこちら
感謝のメッセージが多いです!メルマガの登録はこちら

【メルマガ読者250人突破しました】

不登校の子どもを持っている親御さんに役立つ情報を発信していきます。


不登校について知っているといっても、子供がなってしまうとどう対応したら良いのか分からないので焦ってしまいます。

最初は学校に連絡をして生徒について話し合いをして、何が原因でなったのかを色々考えて心配になるはずです。

教育センターや教育相談所では保護者が生徒に関する悩みを相談出来て、特に不登校についての悩みの場合は教育支援センターを利用すると良いです。

生徒本にに対するカウンセリングや教科指導や体験活動等を行っていて、引きこもりの生徒には家庭訪問も実施しています。

親や教師に話しにくい内容であっても第三者であれば聞き出せる事もあるので、居場所を見失っている生徒には安らぎの空間になります。

親は子供に、教育支援センターを利用するように促します。

施設に通う場合は、出席がどうなるのか確認をしておきます。

学校以外で不登校の生徒が通う施設には、その施設での学習が一定要件を満たすと学校に出席していなくても出席扱いになります。

家に引きこもっていないで施設に通う事は、学校に復帰する予定がある前提になり生徒の態度によっては出席扱いにならない事もあります。

子供に対して何もしないと、状況は変わらないです。

このため子供とコミュニケーションを取るように心がけます。

どうして学校に行かないのかを聞くのではなく、これからどうしていきたのかを一緒に考えていきます。

親は子供のために、指導者として存在意識を忘れてはいけないです。

子供のために出来る事は沢山あり、専門家に相談してアドバイスをもらうようにします。

子供には何でも話す事の出来るカウンセラー等を付けるようにしたり、勉強の遅れが心配な場合は家庭教師やフリースクール等を利用するのも良いです。

子供が高校生の場合は今後の進路にも関わるので、話し合いをきんと行って高校卒業の視覚が欲しいのであれば通いなおすのか別の学校に転居するのか等を話し合って決めていきます。

どうしても学校に通えない場合は、通信制の高校もあります。

コメント