内向的な性格の私はイジメから学校に行かなくなりました

子どもの体験談
感謝のメッセージが多いです!メルマガの登録はこちら
感謝のメッセージが多いです!メルマガの登録はこちら

【メルマガ読者250人突破しました】

不登校の子どもを持っている親御さんに役立つ情報を発信していきます。


筆者本人も不登校でした。小学校の高学年(4~6年)からあまり学校に行かなくなりました。

入学当時からいじめられていました。

いじめられたきっかけはランドセルの色と着ている洋服と髪型と年子の姉がいることと(私が小学校1年生だったら姉は小学校2年生)ピアノを弾いたり絵を描いてばかりいて内向的な子供だったなど、いじめられていた理由は様々ですがいじめられている当時はとにかく悲しくて大きな声で泣いていました。

みんなの前で流すと更にいじめられる対象となり、その姿を見た先生までいじめに加わりとても辛い小学生を経験しました。

いじめは中学校からも続き、学区域が小学校と変化もなく同じ小学校から4割位の生徒が在籍するとの事で更に「中学生になってもいじめてやる」と言われいじめが悪化し、女子中学生からの体罰やセクハラ、体操着を隠されたりトイレでナプキンを投げられたり、女子トイレの掃除中モップを突き付けられたり、下駄箱に画びょうが入っていたりしたので誰にも口が聞けなくなり中学二年生の頃についに不登校になりました。

当時はまだ今と違って携帯電話が普及していないので、手紙や机の上に悪口を書いた紙が置いてあったり、直接大人数に囲まれて悪口を言われたりして実害のあるトラブルが多かったのでとても辛かったです。

勿論、今の子供たちのいじめも携帯電話を使用した陰湿なものが増えていると推測されますし、男の子はまだしも女の子の方がいじめに関しては陰湿なものが多い事と思います。

いじめが長く続くと、人に話す事がとても怖くなります。心の殻に閉じこもってしまうので、怖くて何も話せなくなります。

親に怒られるのではないかと思い親にも話せない事もあります。

今はインターネットがあるので、いじめに悩んでいる子供はサイトを通じて体験者がどう乗り越えたかをネットで調べる手段もあります。

私は学校の先生に進められて施設に通いました。

コメント