高校生のとき不登校になってしまった僕。家族の助言が子供を救う

子どもの体験談
感謝のメッセージが多いです!メルマガの登録はこちら
感謝のメッセージが多いです!メルマガの登録はこちら

【メルマガ読者250人突破しました】

不登校の子どもを持っている親御さんに役立つ情報を発信していきます。


学校へ行かなくなるといった問題は非常に複雑な問題だ。

親に問題がある場合もあるし、教室にいる生徒による場合もあるし、勉強についていけなくなってしまい不登校になってしまうこともある。

僕も、不登校を経験したことがある。

学校は成績重視で、下位の学校には、不良も多いし、勉強しずらいといった点がある。僕は高校生のときに不登校になってしまった。

原因は友達のグループから外されたことと、学校の勉強する環境が悪かったといったところだった。

日本では中学校までは義務教育することになっているが、高校の場合そうではない。

僕は、そのとき高校を卒業しなくても、大学に進学できる大検の資格をとることにした。

そして、結果的に大学にも受かり、卒業することができた。こういったケースは今は珍しくないと思う。

あくまで、普通。普通というと語弊があるかもしれないが、普通に高校も卒業して、現役で大学に合格する人もたくさんいる。

親は、子供の不登校については深刻な話だと思うが、高校生の場合は、そういった方法もあるよと助言があった方が、子供にとって絶望的にならないと思う。

ただし、義務教育の範囲の小学校や中学高での不登校は親や家庭環境、子供の精神的な障害、学校での友達作りが重要であると思う。

子供の成長速度は、それぞれ違い、学力もバラバラだ。

学歴社会といったように、学歴に不備があるような場合だと企業が雇わない場合が多い。

できれば、不備なく、学校に登校し上手くやっていけるのが理想だが、親も親で、子供の未来に関して真剣にフォローする必要があると思う。

親も親で共働きなど忙しく、中々、手におえないということもあるかもしれないが、いずれ社会人になる子供たちには、将来についてともに考え、修正すべきところは修正すべきだし、学校での子供の状況などをちゃんと把握しておくことが必要だ。

子供は多感だし、不良の子供もいれば、成績優秀な子供もいる。

不良だからといって、偏見を持つことは厳禁だが、あくまで大人になる準備期間である学校、大人として過ごしやすい職を得るためにはどうしたら良いかといったことを親は子供に伝えるべきだと思う。

コメント