問題を起こさなかった我が子が不登校に!限界を超えてパンクしちゃったんです

子どもへの対応
感謝のメッセージが多いです!メルマガの登録はこちら
感謝のメッセージが多いです!メルマガの登録はこちら

【メルマガ読者250人突破しました】

不登校の子どもを持っている親御さんに役立つ情報を発信していきます。


今多くの子どもが不登校で苦しんでいます。よその家は大変だな、と思っていてもそれは他人事ではないかもしれません。

子どもが不登校になった時、100%に近い程まず子どもを責めてしまいます。「どうして行かないの?」「どうして行けないの?」「他の子と同じようにできないの?」毎日宥めすかし学校に行くように仕向けることに必死になります。

でも子どもは行きません。そうすると次は親は自分を責め始めます。

「育て方を間違えたのかな?」「自分の責任かな?」と自問自答を毎日毎日繰り返します。

頭で考えて子どもが学校に行けるようになればいいのですが、そうはなかなかなりません。だから、とりあえず一度立ち止まってみましょう。

親は子どもを見ているようで見ていません。親が見ている子どもと、子どもが考えてる自分とは、全て一致するわけではありません。

いつも笑顔で、学校でも問題を起こさない我が子が、不登校になる理由。それは子どもが頑張ることに疲れ切ってしまったのです。

限界を超えてそれでも限界を超えて、ついにパンクしたのです。だからまず子どもをゆっくり休ませてあげましょう。

よく頑張ったと褒めてあげましょう。親が冷静になることで、子どもも冷静になれます。

子どもが生きていく道筋が親自身が生きた道筋と同じだとは限りません。

親にできたことは子どもはできないかもしれませんが、逆に子どもができることは親が子どもだった頃できなかった事かもしれません。

親は自分の考えや世の中の価値観でものを喋るのではなく、腹を割って子どもと向き合いましょう。子どもの話をたくさん聞きましょう。

かかる時間はその子どもによりますが、ゆっくり休んで、子どもがエネルギーを再びチャージできれば、また子どもは立ち上がって歩き出します。

他の子どもよりゆっくりかもしれません。

他の子どものように全日制の高校に行けないかもしれません。

でも、不登校になった自分、親が必死で守ってくれた自分、親が理解してくれた自分の道筋、不安ながらも自分がこの先どう生きていくべきか、色々なことを子どもは頭をクルクル回転させながら考えます。

そうして子どもはゆっくりでも、同じ年齢の子どもより社会に出るのが遅れても、自分の足で頑張って立ち上がれるように進んでいきます。

だから焦らずゆっくり子どもと二人で進む道を模索するのも非常に楽しいです。不登校でも子どもの人生はこの先もずっと続きます。

目の前にたくさんある道を悩み選ぼうとする子どもを、みんなで信頼して見守っていきましょう。

コメント