不登校になった理由から対応を考える

子どもへの対応
感謝のメッセージが多いです!メルマガの登録はこちら
感謝のメッセージが多いです!メルマガの登録はこちら

【メルマガ読者250人突破しました】

不登校の子どもを持っている親御さんに役立つ情報を発信していきます。


子供が不登校になった原因に学業不振があり、不登校の原因のうちの8.9%を占めています。

成績が思っていたより伸びなかったり、勉強が難しくてついていけない理由から授業や試験が辛くなり学校に行かなくなります。

対策は学力を上げる事であるが、小学生であれば家庭で親が教師の代わりをする事が出来ます。子供の興味のある事や、好きな教科を中心にして勉強を進めていくと良いです。

こんな問題も分からないのと叱ってしまうと、更に勉強嫌いになってしまうので叱らない事です。

中学生や高校生は、分からなくなった所から勉強をやり直す事が大切です。個別指導の塾や家庭教師等を利用して、しっかりと学び直します。

発達障害によって学習が極端に遅れる事があり、同じ年齢の子供と遊ばなかったり文章の理解も普通よりもあきらかに時間がかかります。

このような子供も学業不振になりやすいので、専門的な知識を持ったカウンセラーや担任の教師と一時的に継続的なサポートを行っていく事が必要です。

個別指導を取り入れたりして、子供にとって最善の学習環境を整えていく事が大切です。

知的能力に問題がなくても、静かにしないといけない場面で静かに出来ないADHD等もあります。

このような子供には専門の知識を持った人を付けて、サポートをしてもらえるようにします。

学校生活が送りやすい環境を、作ってあげます。甘えたっがたり 精神が未熟の場合は、小学生に多いのが親と離れるのが不安や自立心が育っていないない事が理由です。

内面が未熟であり運動や試験等の苦手な事があると学校に行くのを嫌がり、生活習慣が身に付かない傾向があります。

落ち込んでいるように見えても、学校に行くと楽しそうに過ごすので親は安心します。

しかし直ぐに学校に行かなくなり、繰り返しをしてしまいます。このタイプの改善は急にするのは難しいです。

先生や家族、専門機関による継続的なサポートで子供の成長を長い目で見守っていきましょう。

コメント