子供は言葉を閉ざしますが不登校になるのには理由があるんです

不登校の原因
感謝のメッセージが多いです!メルマガの登録はこちら
感謝のメッセージが多いです!メルマガの登録はこちら

【メルマガ読者250人突破しました】

不登校の子どもを持っている親御さんに役立つ情報を発信していきます。

私は現在33歳で2児の母ですが、私自身子供をもつようになり子供が不登校になったら凄く悩むだろうなと思います。
それは、自分が中学生だった頃親の転勤が多かったので引っ越しを繰り返していました。
中学生になってすぐに違う中学校へ行かないといけなくなり、小学校一緒だった子たちとは離れ離れになり
全く知らないところへ行かないといけなくなりました。
転校してきて間もないうちに違うクラスの子や同じクラスの子には転校生がきたということで
一気に注目を浴びるようになり目を付けられるようになりました。
スカートが短いだの、目立ってるだの、生意気だの、色々影でも言われ
呼び出しもされました。トイレに呼び出されたり自分が通っていた塾も調べられていて
塾で待ち伏せされていたこともありました。
髪の毛を引っ張られたり、ハサミで髪の毛を切ったろうかと言われたり、トイレに行ってる最中に机の上をお茶でビチャビチャにされていたり
トイレに呼び出されてお腹を蹴られたり、顔をどつかれた、殴り合いの喧嘩にもなったことがあります。
何でこの学校にきたんだろう、転校したくなかった。前の学校に居たかった。何回も思いました。
親の都合で転校させられて親に対して腹も立ちました。
そのせいで学校では目を付けられてイジメにもあい全然楽しくなかった。
でも、親にはずっと行けと学校に行きなさいと背中を押されていました。
今となったら自分も親になり背中を押す親の気持ちがわかるようにはなりましたが当時はこんな状態なのによく学校へ行けと言えるわと思っていました。
無理矢理学校へ行かされていたので行くフリをして友達と学校をサボるようにもなりました。
学校へ行ったらいじめられるし行かない方がマシだと思うようになっていました。
学校へ来ていませんと親へ学校から連絡が何回もありました。
そのたんびに親とは喧嘩になり家にも居てるのがイヤになってました。
不登校へなるのは絶対訳があるんです。理由がないのに学校へ行きたくないなんて絶対子供は言わないと思います。
今では両方の気持ちが凄く私はわかります。
自分自身も不登校になっていたし子供も今居てる立場なので・・。
親は寄り添うことしかできない。でも子供が抱えてることに対して親はきちんとどんな方法でも向き合ってあげるべきだと思います。
話して楽になることもたくさんあるので話せず殻に閉じこもるのが一番よくない。

コメント