就労移行支援事業所とは?不登校経験があっても仕事はできます

子どもの学校選択
感謝のメッセージが多いです!メルマガの登録はこちら
感謝のメッセージが多いです!メルマガの登録はこちら

【メルマガ読者250人突破しました】

不登校の子どもを持っている親御さんに役立つ情報を発信していきます。

これは私の職場に最近就職してきた新人の子の話です。

その子は中学からあまり登校をしておらず、高校は入学したものの、1年間続けられずに中退をした子でした。

どのくらい辛い思いをしたのかは推し量るしかありませんが、高校時代の記憶はほとんどなく、入学した学校の名前も覚えていないと言っていました。

学歴の無さと不登校の経験から、就労移行支援事業所である程度の訓練を積んでから私の会社へ就職しました。

就労移行支援事業所というのは、メンタルヘルスのお世話になった人や、発達障害、知的障害がある人などが就職に向けてビジネスマナーや基本的なスキルについて訓練をして、仕事のための能力を高め、就職につなげるサービスをしている事業所です。

私が人事の担当ではないので詳しいことはわかりませんが、どうも県などの自治体から補助金を受けて提供しているサービスのようです。

ウチの会社は人事部が事業所と連絡を取り合っていることもあって、事業所に求人を出し、事業所の職員同席の面接の後、トライアル雇用で採用したのです。

取った以上長く続けてもらいたいので、定着支援面談などを事業所の職員と3者で継続していくことになっています。

基本的には真面目で一通りの報告・連絡・相談もできますし、ワード、エクセル、ビジネスマナーなどは人並み程度に身に着けています。

おそらく就労移行支援事業所のほうでキチンと訓練を受け、素地を作って来てくれたのでしょう。

今、彼はウチの会社で契約書や納品書の作成から検品、発送業務までバックオフィス業務を一通りこなしてくれています。

学生時代に不登校の経験があったとしても、仕事はできます。

任せた仕事を一通りこなしてくれる人であれば、採用している会社は意外とたくさんあるものです。

だから学校に行けなくなった経験がある人、そのご親族の方などもあまり心配しないでください。

試しに一度、ご自宅の近くにある就労移行支援事業所を探してみてはいかがでしょうか。

コメント