息子を信じて不登校から復帰させる

子どもへの対応
感謝のメッセージが多いです!メルマガの登録はこちら
感謝のメッセージが多いです!メルマガの登録はこちら

【メルマガ読者250人突破しました】

不登校の子どもを持っている親御さんに役立つ情報を発信していきます。


息子が中学生になったころから学校を休みがちになり、夏休みが明けてしばらくすると本格的な不登校となりました。

学校で具体的に苛められているなどということはなく、なんだか行きたくないという非常に曖昧な理由で困りました。

なんとかその後1年をかけて復帰をさせることは出来ましたので、その時の経験をご紹介します。

学校が合わないようで不登校に

息子は小学生の頃までは遅刻はするものの、学校には休まず通っていて楽しそうにしていました。

中学校に入ってからも、地元の小学校からの友人のほとんどがそのまま同じ学校に進学したこともあり、最初は楽しそうでした。

しかし部活動が本格化してきて、朝練が始まるとなかなか起きることができずに練習も休みがちになりました。思えばきっかけはここからあったようです。

朝練をサボる新入生を先輩が許すはずもなく、呼び出されて説教をされたようです。そんなことが何度も続いているうちにどんどん部活に出たくなくなり、そうすると学校そのものも面倒になってくるという負のサイクルに嵌っていきました。

学校に行こうと思うとお腹がいたくなる等の症状があれば同情のしようもありますが、まったく何もないようです。そのことで主人は何度も息子を怒鳴りつけましたが、本人は気にする素振りも見せませんでした。

静観を決め込む

一通りの説教をおこなった後、私たち夫婦はしばらく静観することに決めました。

あれこれ言っても逆効果なような気がして本人の気が変わるまで気長に待つこととしました。

ありがたいことに友人は頻繁に訪ねてきてくれていましたし、息子も他人に会いたくないわけではないようだったのでその部分は安心していました。

その期間の親子関係は特に変わらずに今までと同じように接していました。

さすがに近所に外出はしなかったですが、車を出して遠出をする時には着いてきていましたし、学校にいっていないということ以外はごく普通の中学生だったと思います。

学校に行っていないことに負い目を感じさせないようにだけ気をつけて、時間は過ぎて行きました。

唐突な復帰

そんな生活が続き息子は2年生に進級しましたが、相変わらず学校には行きませんでした。

幸い担任の先生は同じだったので事情は把握してくれて、時々様子を見に来てくれるといった具合です。

しかし、丁度不登校になってから1年が過ぎたくらいです。

唐突に息子は明日から学校に行くと言いだします。

嬉しいことなのにどうしてかと思わず尋ねてしまう両親に息子は「なんとなく」と答えています。

数年後聞いた話によると、なんとなく学校が嫌いだったのが、なんとなくこのままではいけないという考えに変わったそうです。

不登校の生活の中でも息子はしっかりと考えて行動を取っていたのだと知り心から安心しました。

その後は中学校を卒業するまで休むことなく過ごしました。部活だけは辞めてもっとゆったりとした部に移ったこともよかったようです。

まとめ

結局私がしたことは息子が自分から復帰することを待っただけです。

待つ身というのも辛いものではありましたが、親が怒鳴りつけて無理やり行かせても何も得るものはないだろうと判断していました。

明確に対処できる原因がない限りは子どもの自主性を頼るしかないと思います。

親は静かに見守って、子どもが動き出した時に助けてあげられる立ちにいれば良いと思います。

コメント