不登校の子どもは本人にも原因がわからないって本当?

不登校の原因
感謝のメッセージが多いです!メルマガの登録はこちら
感謝のメッセージが多いです!メルマガの登録はこちら

【メルマガ読者250人突破しました】

不登校の子どもを持っている親御さんに役立つ情報を発信していきます。

不登校になる原因

不登校になる原因というのは、やはりこれといった分かりやすい原因というのはないです。

色々な事情が重なる場合も多いです。

だからこそ、不登校になった本人もそうだし保護者の方も心配になるのかもしれません。

しかし、不登校自体が悪いということは絶対にないのです。

いじめにあって、精神的にも肉体的にもとても追い込まれている場合、避難する場所が必要であり大人だったら避難する場所もたくさんありますが、子どもの場合は今のところ選択肢が限られているため、不登校という形で家にいることで己を守っています。

己を守るという選択肢をとることも素晴らしいことです。

そして、気力や体力が回復すればおのずと家から出て何かをしたいという気持が湧くことも多いです。

他には、いじめなどの原因はないのだけれど学校が合わないとか、体がきついという理由もあります。

学校と言っても色々な学校があり、同じ学校でも学年が違ったりクラスが違うだけで雰囲気が違って、どう頑張っても学校に行くと違和感を感じて学校にいても辛いだけということもあります。

これも、本人の人格の問題ではなんでもなくて、たまたまそのクラスとそりが合わないという理由で、その不登校の子自身に非があるわけではないです。

また、体質的な問題で体が夜型で朝早くから始まる学校に行くと体調が悪くなるという理由から学校に行くのが大変だという場合もあります。

なので、不登校になったのは親の育て方が悪いとか、そういった理由は全くもって意味がなく誰も幸せにならない考え方です。

なので特に真面目な保護者の人は不登校は自分のせいだと自分を責めないでほしいです。

不登校になった場合の対処

まず、自分の子どもが学校に行きたくないと言ってきたら、驚く人も多いと思います。

また、親も仕事をしていて低学年子どもが学校に行かないとなると日中家で一人になってしまって困るので、できれば学校に行ってほしいという気持もでてくるかもしれません。

そして、親としてはなぜ学校に行きたくないと言っているのか理由を知りたくなるし、できればその原因を排除したいと考えるのは自然です。

でも、不登校になる子ども本人でさえ学校に行きたくない理由をはっきりと説明できないことも多いと思うのです。

何となく行きたくないとか、学校が嫌だから、という大雑把にしか言ってくれないかもしれないです。

そうなると、つい仮病じゃないかと思って、行きたくないなんて我儘言わずに行きなさいと怒鳴ってしまうかもしれません。

でも、できればそんな風に怒らないで欲しいし、行くか行かないは子どもの自由で子どもの人生なので選択権は子どもにあります。

優しい子であったり、我慢強い子どもたちは親に心配をかけないようにしたり、親の期待にそるように頑張っている子も多いです。

なので、そういう子が意を決して学校に行きたくないと親に本音を漏らすということは、実はもう限界に近かったり限界を越していることもあります。

だから、そういった子を無理して学校に行かそうとするのは止めたほうがいいですね。

親御さんも悩むと思いますが、まずは信用できる学校の先生やカウンセラー、不登校にまつわる窓口もあります。

そういったところで、不登校になった後の選択肢を聞いて視野を広げると心にも余裕ができると思うので、家庭の中だけで悩まないで欲しいです。
選択肢は必ずたくさんあります。

まとめ

喜んで不登校になるという子たちは少ないと思います。

どの子どもたちも、悩んで頑張って、その上で学校に行かないという選択肢を選んでいるともいます。

そして、不登校ということで親御さんも悩んでしまうかもしれません。

学校に行かないと、この子の人生がめちゃくちゃになると怖くなってしまうかもしれません。

でも、大丈夫です。学校に行かなくても、人生にはいろいろな生き方があり、学校に行かないと幸せになれないということは絶対にありません。

なので、子どもを責めたり親も自分自身を責めたりする必要は一切ないので自分攻めをする時間を減らしていき、いかに自分の心を安心させて満たしていくという時間をコツコツとやっていけばいいのではないでしょうか。

目指すべきところは学校に行くという上っ面なことではなく、子どもも親もみんなが幸せに生きるということです。

コメント