中学生の我が子がイジメで不登校に。親子で悩んだ日々と子どもが大人になってから

不登校の原因
感謝のメッセージが多いです!メルマガの登録はこちら
感謝のメッセージが多いです!メルマガの登録はこちら

【メルマガ読者250人突破しました】

不登校の子どもを持っている親御さんに役立つ情報を発信していきます。

我が子の不登校は中学生の時でした。

小学生の時から仲良しだった、元気が良い男の子達のグループと、過ごしていたようです。

でも年頃になるとリーダー各の子の指示にしたがっているのもイヤになりグループからは一人。

二人と抜けていき、我が息子もそのグループとはあまり遊ばなくなりました。

最初はかなりいたグループもいつのまにか数人になっていました。

みんな部活も忙しくなり、同じ部活同士がかたまるようになってきていました。

リーダー各の彼は部活には入っておらず、遠くにスポーツをならいに言ってたようです。

ある日、学校から帰ってきて夜に塾へと向かいました。

家を出てから一時間もしないうちに息子が帰宅。

それも、顔は腫れてキズだらけ。びっくりして事情を聞いてみると、いつものグループ数人が塾の通り道にいて、その中の一人に無抵抗で殴られたと。

リーダーの悪口を言いふらしているだろうと、言いがかりをつけてきてただ殴られていたみたいです。

リーダーを含め三人いたらしいのですが、手を出してきたのはリーダーではない、別の子。

見ていたお店の方が外に出てきてくれたそうです。私の後悔はここから。友達だろうと警察に届けるべきでした。

その後不登校になった息子

この件はもちろん学校へ伝えました。学校ではケンカのようなあつかいでこれからはしないようにと仲直りさせたような話でおわりました。

その日から子供は学校にいかなくなりました。

殴った相手の親御さんは電話であやまってきました。

やらせたほうは全くひと事。

悪口を言ったうちの子の方が悪いといった感じでした。

悪口なんて言ってないのに。後から他のお母さんに聞いた話ですが、同じような目にあったこはうちの子だけではなかったみたいです。

我が子は不登校になったのでわかった話で、親にも話せず我慢して学校へ行ってた子供もいたみたいです。

私が訴えれば良かったと思ったのは、その後のこの子供達の態度です。

うちの前を大声ではしゃぎながら通り、私が通っても、バカにしたような態度をとり、車で後ろを走っていても、広がってどかなかったときは本当にゆるせなかったです。

我が子はその後部屋からも出られない状態が何ヵ月も続き、色々な方法で外へだし、塾にだけ通うまでになりました。

世間体だけを考えて学校へ行かせなければいけないと子供を、せめた事もありましたが、それも、間違っていたなといまは思います。

その時もっと自分の子供の思うようにしてあげればよかった。

本当にそう思う事が多々あります。

一年後、学校へ通えるようになったとき、我が子はそのグループへ入りました。

たぶん、そうしないと、上手に学校ではすごせなかったのでしょうね。

不登校の時はそんな態度だった子達が学校でうちの子にとっても良くしてくれてたみたいですよ。

怖いはなしです。

それからの一年。私にとっては最悪の日々でした。

今、我が子は大人になり、一切グループの子たちと連絡をとることも、なくなりました。

でも、その時のトラウマは消えません。

夜に歩く事が怖くなった時期もありましたし、まず、決まった人としかかかわりたくない。

とことん仲良くはしない。

長かった毎日。生きた心地がしない日だらけでしたが。

今は元気に過ごしている息子を応援していきたいです。

コメント