不登校のレッテルは最悪の事態を招く?学校へ行かない自由を与えましょう

子どもへの対応
感謝のメッセージが多いです!メルマガの登録はこちら
感謝のメッセージが多いです!メルマガの登録はこちら

【メルマガ読者250人突破しました】

不登校の子どもを持っている親御さんに役立つ情報を発信していきます。

子どもは多感は時期になると、友達とのつきあい方も悩んでしまうことがありますね。

周囲が自分のことをどう思っているのか気にして、よい「つながり」を保とうと頑張りすぎて、疲れてしまうことがあるようです。

ストレスをコントロールする術がしっかりと身についていないため、知らないうちに1人で思い悩んでしまうのです。

でも、それは親のせいではなく誰でも起こりうる自然なことだと思います。

大人は会社に行きたくなければやめる自由があります。

ところが学校へ行きたくない子供は「不登校」というレッテルを張られ問題視されます。

学校へ行くことを促された挙句、最悪の事態に陥ってしまうことも見受けられます。

子供にも「学校へ行かない」自由を与えてあげてください。

勉強が遅れたら頑張れる時に取り戻せばいい。

学校以外でも塾やフリースクール、オンラインでの勉強など今はいくらでも他の選択肢があります。

「行きたくないなら行かなくてもいいよ」と言ってあげてください。

そして、学校以外のお子さんの居場所をどこにつくるか一緒に考えてあげてください。

コメント