体が一番大切だから休んでもいいと思うんです【不登校経験者の言葉】

子どもへの対応
感謝のメッセージが多いです!メルマガの登録はこちら
感謝のメッセージが多いです!メルマガの登録はこちら

【メルマガ読者250人突破しました】

不登校の子どもを持っている親御さんに役立つ情報を発信していきます。


私自身が不登校を経験しました。原因は、「いじめ」です。

私は、受診したわけではないですが、発達障害を抱えていると思います。

今、インターネットが普及し、色々な情報が手に入るようになって、やっと分かったことですが、当時は、全くそんな考えには及びませんでした。

知能に遅れはなく、むしろ成績は良い方でした。しかし、空気が読めず、地人を傷つけてしまったのかもしれません。

ある日を境に、突然無視されるようになりました。挨拶をしても無視。

昼ごはんは、グループを作るも、自分以外のメンバーだけで話し、休日は自分を除くメンバーで出かけて、そのことを翌日話したり。辛かったです。出口が見えなかったから。

でも、母親は心の病気で入院していたし、父親は仕事で忙しく、誰にも言えませんでした。

それで、出席日数が足りる程度に休みました。

父親は、休んでいたことすら、知らなかったと思います。

今、当時を振り返ると、休むことができたから助かったのだと思います。

もし、家族が口うるさく「学校へ行け」と言ってきたら、心の病気になっていたかもしれません。

体が一番大切。そのためには、休んでもいいと思うんです。

コメント