子供のストレスに親はどう対応する?不登校を救うには大人の協力が不可欠

不登校の原因
感謝のメッセージが多いです!メルマガの登録はこちら
感謝のメッセージが多いです!メルマガの登録はこちら

【メルマガ読者250人突破しました】

不登校の子どもを持っている親御さんに役立つ情報を発信していきます。

子供は大人が思っているほど子供だとは思いません。

子供も一人の人間だからストレスを抱えたり、内心では嫌なこともたくさんあります。

親のことを思いながら本当のことを親に話さない人もいます。

子供が不登校になる原因はいくつかあります。

まずはいじめです。

男性よりも女性のいじめの方が多いです。

男性の場合はグループを作りません。

女性の場合は、女性同士かたまってグループを作りいい人も悪い人の味方につけて一人の人をいじめてしまう原因もあります。

また血液型や兄弟の人数だけで女性はどういう人物か判断されるから結構誤解やストレスがあります。

いじめられた方は何も手をつける手段もないしインターネットの掲示板に嘘の書き込みや暴言などを吐かれたら当然学校に行く気がなくなります。

子供の様子がおかしいときは親が味方につくのが一番いいです。

実は学校へ行きなさいだけでは何も解決出来ず、ずっと悩んで引きこもりになったりひねくれたりする可能性もあります。

優しい子に育てるには親がしっかりどうしたのと受け入れる姿勢で聞いてあげると心の支えになると思うかもしれません。

他にも不登校の理由があります。

それは先生の体罰や性格です。

先生が体罰したり、宿題をたくさん出したりして子供は子供らしさをなくしてしまうことがあります。

普通の親は殆ど宿題をやりなさいとか先生の言うことが正しいと判断し錯覚することもあるけれど、先生が絶対正しいとは限りません。

また親が絶対ということもありません。

子供は本当はのびのび生きていきたいけれど、先生も周りもそういう環境が作れないからもう学校へ行きたくないと考えます。

子供はやはり宿題をやるのも大事ですが、人生の基本を学ぶ場所でもあるから、この人生の基本が学べていないと将来かなり困ります。

ここで学べているか学べていないかで人生もかなり変わってきます。

いじめに対処するには親同士の喧嘩や親から先生のいじめだけでは解決出来ない部分もあります。

親も先生も一緒になっていい方向に協力する必要があります。

コメント