疲れちゃったんです。不登校の原因を探さなないメリット

子どもへの対応
感謝のメッセージが多いです!メルマガの登録はこちら
感謝のメッセージが多いです!メルマガの登録はこちら

【メルマガ読者250人突破しました】

不登校の子どもを持っている親御さんに役立つ情報を発信していきます。


不登校になるというのは、何か悪いことをしているわけでもないし一つの選択肢であり、誰かのせいというわけではないです。

子供が悪いわけでも親が悪いわけでもないのです。

不登校になる原因は一人一人違うと思うのですが、実は自分でもよくわからないという子も多いと思うのです。

疲れちゃったって感じです。

なので、どうして不登校になってしまったんだろうと原因探しをしすぎてしまいがちなので、原因探しはあまりしないほうがいいです。

不登校ということに集中しすぎてしまって辛くなってしまいます。

また、学校には行かなくてはならないものだと強く思いすぎているのかもしれないです。

それで、視野が狭くなってしまって精神的にきつくなってしまいます。

グルグルと頭の中で同じことばかり考えてしまうので、何が辛いと感じているのかを一つ一つ書き出してみるのもいいかもしれません。

例えば子どもの立場からすると、自分が学校に行かないということで親が必要以上に不登校の理由を聞いてきたり、ずっと心配そうな顔をされるというのが辛いです。

学校にいけないというよりも、親のリアクションが辛いということもあります。

また、親の立場として子どもが学校に行かないのは自分の育て方が悪かったんじゃないかと自分を責めすぎることも辛いです。

子どもも、一人の人間としての人格があり価値観や学校での立場があり考えた結果学校に行かないという選択したので子どもが意思決定することに親はあまり関係ないということです。

それで、何が辛いのか具体的に分かると対処というか、どういう行動がとれるかというのが分かりやすくなると思います。

それと、学校に行くことを目標にしないほうが子どもも親も楽になるんじゃないでしょうか。

子どもが今やりたいことをやって元気になっていくほうがいいと思うんです。

元気になった結果、学校に行くかもしれないし働きに出るかもしれないし、元気になると自然に何かをし始める思います。

なので子どもは今、体を休めたいのだったら十分に睡眠をとってあげるし、気力を回復させるという方向性でやっていったほうがいいのかもしれないです。

それと、親も不登校の事を忘れるぐらい自分の好きなことをする時間を沢山持ったほうがいいんじゃないでしょうか。

コメント