不登校も人生のほんの中のほんの一部!心の声に耳を傾けましょう

子どもへの対応
感謝のメッセージが多いです!メルマガの登録はこちら
感謝のメッセージが多いです!メルマガの登録はこちら

【メルマガ読者250人突破しました】

不登校の子どもを持っている親御さんに役立つ情報を発信していきます。


ある日突然子どもが学校に行かなくなった。

きっと親御さんはパニック状態になられていると思います。

『どうしてうちの子が』

その一言に尽きると思います。

自分を責めてしまったり、お子さんを責めてしまったりする親御さんもいらっしゃるかもしれません。

ですがそれも逆効果です。

お子さんが学校に通えなくなったことには、必ず理由があります。

ですが、本人は自覚できていない可能性もあります。

まずは不登校になった原因から、お子さんと向き合ってみてはいかがでしょうか。

不登校になった原因

1.いじめや友達とのトラブル

学生時代というのは常に周りの目を気にしてしまう、多感な時期です。

中々周りの大人に相談できない、言いだせないお子さんも少なくありません。

2.頑張りすぎて力尽きてしまった。

勉強や部活、人間関係、習い事。全てに於いて全力投球で完璧主義。自分の失敗を許せないといったところで自分自身を不必要に追い詰めてしまう。

3.発達障がい

学習についていくことが難しい。友達とのコミュニケーションが取れず、ひとりぼっちな気がして孤独。自分自身が周りと違う気がする。

等が挙げられます。

親御さんの対応について

では、どうすればいいのか。

それは焦らず急かさず、お子さんの心や声に耳を傾けてください

もしかすると、上記以外の原因も見えてくるかもしれませんし、言いたがらない可能性や、お子さんご自身もわからない可能性もあります。

ですが、焦る必要はありません。
長い目でみると、今起こっている出来事は、人生の中のほんの一部です。

親御さんも悩みを溜め込み過ぎずに、カウンセリングに通う等、息の抜きどころが必要です。

時には学校に通えないお子さんに対して怒りの感情が芽生えたり、焦ったりすることもあると思います。

ですが、お子さんもどうして学校に通えないんだと自分自身を責めたり焦ったり、表立っては見えないかもしれませんが、毎日戦っているのです。

お子さんを信じてください。

そして、抱きしめて、大切な存在なんだと伝えてあげてください。

それはきっと、戦っているお子さんにとって、何よりの味方になります。

コメント