2017-06

子どもへの対応

不登校児童にしてはいけないのはムリヤリ学校に行かせること

子供が不登校になった場合、親は冷静な対応と適切な対策が重要です。 日頃から、子供の学校生活での状態をある程度把握していて、問題を抱えているのを知っている場合と、何も知らないでいきなり不登校になるケースがあります。 いきなり不...
子どもへの対応

不登校の子供が頼れるのは家族だけ!世間体のために学校に行かせるのはNG

もし子供が不登校になった場合は「優しく対応する」のが大事です。 不登校になるには原因があります。その理由は親からしたら小さい事と感じるかもしれないですが、子供からしたら大きなことです。 大人ほど子供は物事に対する解決能力は優...
子どもへの対応

子供が不登校になってもお母さんは自分を責めてはいけません

息子は小学生の高学年から喘息で苦しいとか、気持ち悪いとかお腹が痛いとか言って学校を休みがちになりました。 中学生になっても学期ごとに、1週間しか登校できなくて、保健室から相談学級のクラスの教室に入っても、2、3時間ぐらい授業を...
子どもへの対応

体が一番大切だから休んでもいいと思うんです【不登校経験者の言葉】

私自身が不登校を経験しました。原因は、「いじめ」です。 私は、受診したわけではないですが、発達障害を抱えていると思います。 今、インターネットが普及し、色々な情報が手に入るようになって、やっと分かったことですが、当時は、全く...
子どもへの対応

不登校の息子に悩んでいた私を救ってくれたのは友人の言葉でした。「生きていればそれだけで十分じゃないか」

息子(現在、大学1年)が高校1年の秋から不登校になりました。 本当の「原因」は本人しかわからないかもしれませんが、「周囲と合わない」「自分が発揮できない」と言っていました。 息子は昔から、どこか人と違うところがあって、社交的...
子どもへの対応

不登校児童を救う3つのポイント!親の悲観が子どもの逃げ場をなくす

わが子が不登校になったと悩まれている親はたくさんいます。 しかし、必ず不登校になった原因はあるんです。 親は周りと同じようにとつい考えてしまいますが、子供には一人ひとり個性があります。 決して同じ子供はいないんです...
不登校の原因

子供のストレスに親はどう対応する?不登校を救うには大人の協力が不可欠

子供は大人が思っているほど子供だとは思いません。 子供も一人の人間だからストレスを抱えたり、内心では嫌なこともたくさんあります。 親のことを思いながら本当のことを親に話さない人もいます。 子供が不登校になる原因はい...
子どもへの対応

勉強する意味がわからない!不登校児童のペースで前に進んでいく

中学2年の我が子は、小学校5年生から徐々に学校へ登校する日が減っていきました。 朝、起きて準備はするけれど、玄関で靴を履くとお腹が痛くなったり、頭痛がするなどを理由に欠席が増えました。 学校に相談をし、少しの間様子を見ること...
子どもへの対応

不登校のレッテルは最悪の事態を招く?学校へ行かない自由を与えましょう

子どもは多感は時期になると、友達とのつきあい方も悩んでしまうことがありますね。 周囲が自分のことをどう思っているのか気にして、よい「つながり」を保とうと頑張りすぎて、疲れてしまうことがあるようです。 ストレスをコントロー...
不登校の原因

息子が不登校になったのは偏差値の高い高校に入学したからでした

私の子供は高校2年生です。 今はずっと学校に行っていません。 私の子供は、偏差値が結構高い高校に行きました。 中学生の時は、平均よりもはるかにいい点数を取っていて、周りからもすごいすごいともてはやされていました。 ...