大学生

子どもへの対応

不登校の息子に悩んでいた私を救ってくれたのは友人の言葉でした。「生きていればそれだけで十分じゃないか」

息子(現在、大学1年)が高校1年の秋から不登校になりました。 本当の「原因」は本人しかわからないかもしれませんが、「周囲と合わない」「自分が発揮できない」と言っていました。 息子は昔から、どこか人と違うところがあって、社交的...